ヘモグロビンa1cの値で血糖値が高いかを調べることができる

生活習慣病と糖尿病

ウーマン

日々の生活習慣によって引き起こされる

日々を過ごすなかで適度な運動や食生活、喫煙などの習慣に気をつけていますか?そういった部分で規則正しい生活ができていないという場合、将来心配されるのが生活習慣病と呼ばれるものです。生活習慣病に関連して引き起こされる病気には厄介なものがたくさんあります。

生活習慣病に関連する主な病気

良くない生活習慣を続けていると、生活習慣病と呼ばれているがんや糖尿病、心臓病や脳卒中、高血圧や肥満症など様々な病気のリスクが高まります。進行するまで自覚症状を感じない病気も多く、ある日突然病気が悪化することも少なくないのです。こういった生活習慣病を予防・改善して健康を維持するためには日々の生活態度を改善することが大切です。また、健康診断で出た結果を元にサプリメントなどで対策をすることも考えましょう。サプリメントの活用で気になる数値を改善することや、免疫力を高めることができます。例えば、糖尿病対策としてヘモグロビンa1cの値を低くするためのサプリメントを飲むという方法があります。

日本人の死因TOP3

no.1

死因の約30%を占める「がん」

日本人の健康を脅かしている有名な病気といえば「がん」でしょう。なかでも肺がんや大腸がん、胃がんなどにかかる人が男女ともに多いようです。初期の場合は自覚症状がほとんどないので、早期発見の難しいのです。

no.2

約15%を占めている「心臓病」

心臓に関する病気で有名なのは「心筋梗塞」と「狭心症」の2つです。この2つと大きく関係する動脈硬化は糖尿病でリスクが高まることが知られています。糖尿病のせいで狭心症の前兆が感じられないこともあります。

no.3

死因の約15%を占める「脳疾患」

2位の心臓病とほぼ並ぶように「脳疾患」で亡くなる人も少なくありません。脳卒中は脳の血管が詰まることや壊れることで起こる病気で、後遺症が残ってしまうというリスクもあるのです。高血圧や糖尿病とも関係があります。

サプリメントと糖尿病についての記事一覧

女の人

血糖値を下げる

糖尿病の予防や改善には、どのようなサプリメントを飲むといいのでしょうか。健康を守るためにも、血糖値の上昇を抑える成分や、インスリンの働きをサポートする成分のことを理解しておくといいでしょう。

READ MORE
男女

ヘモグロビンとサプリ

ヘモグロビンa1cは、糖尿病と関わりのある数値で、血糖値の高さを示します。この値を高くしないために酵素やサポニンを取り入れるといいでしょう。そういったサプリメントを飲んだ人の意見も参考になります。

READ MORE

健康診断で気にしたい糖尿病に関する値

ヘモグロビンa1c

ヘモグロビンa1cというのは、血液のなかのヘモグロビンにブドウ糖が結合したもののことです。血糖が高いと増えやすく、一度結合するとそのヘモグロビンを含んだ赤血球が寿命を迎えるまで元には戻りません。この値が高いと血糖値が高く、糖尿病のリスクがあるということになります。

空腹時血糖値

10時間から14時間ほど絶食をして血液を採取した場合に調べることができる値です。血糖値は食事をすると一時的に上昇しますが、そうでない場合は一定に保たれています。空腹な状態を続けたにもかかわらず126mg/dl以上の値が出ていると血糖値が高いということになります。

75g経口ブドウ糖負荷試験値

この値も10時間以上絶食をした後の血液検査を行います。そこで血糖値を調べた後、ブドウ糖を飲んで数十分、もしくは数時間後さに再度血糖値を調べます。2時間後に調べることが多いです。200mg/dl以上の値がある場合は血糖値が高いと判断されるでしょう。

随時血糖値

食後の時間や空腹状態などに関係なく血糖値を調べたときにわかる値です。その値が200mg/dl以上だと血糖値が高いということになります。ヘモグロビンa1cと合わせて数値が高い場合に糖尿病という診断がされるでしょう。

広告募集中